FC2ブログ

ルイジのつづる、あふたーすとーりー

ルイことルイージアの気まぐれ日常物語。…結構不定期。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

たとえ太陽が西から昇っても。

注:以下にはかなり個人的解釈が入っております。正しいとは限りません。っていうか正しくありません(ぇ

それでも って方のみどうぞ。






さて皆さん、「神秘」知ってますね。

魔法とかも多分「神秘」。

じゃあ、「魔法使いは魔法を使うところを一般人に見られてはいけない。 もしくは能力を失う。」的なルール、わかりますね。

何ででしょう。




まぁ、解りませんね、えぇ。

私も解りませんよ。
魔法使いじゃないし。


でもまぁ、多分魔法が神秘だから、ということだと思いますね。


神秘って、たとえば何でしょう。

綺麗な深い森の奥深くに泉があったりすると神秘的ですね。

さらにそこだけ光がさしてたり。
そこを守るように木々が取り囲んでいたり。
何か珍しい花が咲いてたりしてたらさらに神秘的です。
自分だけが知ってたらさらに。

はい、そう、「神秘=珍しい、秘密」な、わけですね。
字も「神」の「秘」め事ですし。

だってそうでしょう?
先ほどの森がもしも都会にあったら?
そしてその森によく観光客が来ていたら?
さらにそこに咲いている花が良くその辺に咲いている花だったら?

神秘的なイメージは崩れてしまいます。

つまり、神秘が弱くなるわけです。


そういうわけで、魔法も秘密にしておくわけですね。


だってそうでしょう?
その辺に何も使わず空を飛べる人がいたら全く神秘ではない。

神秘の力っていうのは、秘密にしておくからこそ発揮するものなんですね。




でもまぁ、最近はそんな神秘も数少なく・・・
現にいまは飛行機ありますし。
だから「何も使わず」という訳ですが。


っていうか、宇宙とかも作れるようになるんだっけ?

今はまだ、神の領域。

でもその内に・・・神秘はなくなるでしょうか。


まぁそういうことです。


まだ色々書きたいこととかあるんですが、それを書くと最終的に何を言いたいのか不明になるので割愛。
ちなみにこれに反論されても困ります、私弱いから。

まぁコメントは自由に。







だから、夢なんてそう人に言うものじゃないんですよ。
スポンサーサイト


  1. 2007/11/06(火) 22:06:08|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

かの哲学者はいった。「実存は本質に先立つ」と。 | ホーム | 夢の中へ、夢の中へ

コメント

…中佐のあれとなんか関係あるの?
  1. 2007/11/06(火) 23:02:20 |
  2. URL |
  3. ケリ #- |
  4. 編集

NoTitle

乙女心はわからない・・・
  1. 2007/11/07(水) 02:09:34 |
  2. URL |
  3. ぶるー #y8j/9w2E |
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/11/08(木) 00:23:10 |
  2. |
  3. # |
  4. 編集

NoTitle

ヴィはそゆ話好きだけどなぁ
魔法使えたらいいのになぁ
  1. 2007/11/24(土) 04:07:22 |
  2. URL |
  3. ヴィ #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ruizi.blog91.fc2.com/tb.php/109-fb99f982

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。